釣れないときこそ?「頑固一徹直球釣法!」

アカメ・・・釣れないのが当たり前・・・(個人的に。泣)

これはアカメ釣りに限らずだと思うのですが、

魚釣りにおいて「釣れない理由」の大きな要因として

「魚のいない場所で釣りをしている」

「釣れるタイミングを外している」

という事があげられます。

この2つの要素が限りなく重要で、これを外すともう致命的!

 

どんなに釣りが上手なプロだろうが、名人だろうが、達人だろうが、

ウルトラグレートワンダフォーなルアーを使おうが、

上記の2点を無視して魚を釣る事はできません。

逆に言えば、この二つさえ合ってさえいれば、

釣れる確率は飛躍的にアップするというわけです。

が・・・

アカメ釣りでその2つをドンピシャに合わすのって、本当に

難しい作業です。(よね?)

​たまにしかアカメ釣りに行けない、我々遠征組はなおさらです。

今でこそ少々のパターン?であるとか、なんとなく傾向は知られているものの、

アカメが「どこ」に居て(来て)、捕食のタイミングが「いつ」なのか?

 

そもそも、その答え自体がおぼろげで、明確に確立されておりません。

(「どこ」の答えは橋脚にはほぼほぼ着いているのですが)

私個人の場合、さすがにアカメ釣りをしてきた期間が長いので、

「今日ならあそこかココで、このタイミングだろうな。」と

言う程度の予測はつきます。

ただし、それでも外すこと、外すこと!(>_<)

タナ(レンジ)だ、コースだ、スピードだ・・・・

ドリフトもダメなら、リアクション狙いだ。

「おそらく、ここで、このタイミング」で釣りをして、

手を替え品を替えしてみても、やっぱりなかなか釣れません。

 

 

そんな時、私が取る方法の一つとして

タックルケースの中から目のあったルアーを一つ、つまみ出し、

朝までそれを投げ続ける「頑固一徹直球釣法」と言うの釣方があります。

(名付け親は、もちろんワタクシ。笑)

まったく論理的でない、バカみたいな釣り方ですが、

自然を相手にしている以上、人間ごときの知識や

経験が通用しない時のほうが多いのは当然です。

むしろ、思考を一切停止させた方が良いという

場合も多々あります。

考えつくしても釣れないのだから、もう考えない!

コツとては、本当に「何も考えない事」です。

釣り方のネーミングからして、根性入れて、気合いと不屈の精神で

投げまくる!キープキャスト!みたいに思われがちですが、

そういう状態におちいると、本当にアタリが遠のきます。

無意識にルアーを投げており、気がつけば手元まで戻ってきている

「釣りをしている事すら忘れてた」

 

という状態がベストです。

(ルアー交換は「無」の状態から覚醒しちゃうのでご法度!)

で、このバカみたいな釣り方ですが、

殺気が完全に消えているからでしょうか、過去、案外と好成績です。

シーバスフィッシングみたいに「釣ってナンボ」「今日は何匹釣れるかなぁ?」

と言った釣り方には、まったく向かないと思いますが、

「たった一匹とでいいから出会いたい」という場合は、

よければ試してみてください。

最後に、以前、この釣り方を公開したとき

「それって、釣ったじゃなくて、釣れたじゃないの?」

なんて事を言われた事があります。

確かに、その方の言う通り「その場所を選んだ」ということと、

「その釣り方を実行した」と言う事実があるだけで、

技術的な要素は一切なく、たまたま釣れたという「運」の要素が

大きいのかもしれません。

だけどね、

私は「私のルアーをアカメが選んでくれた」と言う事実だけで十分です。

「釣った」だとか「釣れた」だとか、

瑣末なことに興味は無ぇよ!

釣れなければ、釣れないで、

「俺の選んだ場所で、俺の選んだ”相棒”と、一晩やりきった。」

​その充実感さえ手に入ったら、他になんにも要らねぇよ!

最高に清々しい敗北感で朝日を浴びれるこの釣り方、

​ひと夏の思い出作りにお試しあれ(^^)

当コンテンツ(アカメ見聞録)にある文章、画像等の無断転載、引用は​御遠慮ください。