アカメと思うなイカだと思え

前項「バスだと思え」に引き続き、今度は「イカ」です。

アカメのルアーフィッシングにおいて、有効な釣り方として、

シンキングミノーやシンキングペンシルを用いて

なるべく「底の方をゆっくりタダ巻き」して、アカメにルアーを

 

追撃させて釣ると言う釣り方があります。

昔からある有効な釣り方で、数ある釣り方の中でも

「王道中の王道」です。

ただし、やはりタダ巻きだけでは反応を得ることが出来ない事も

多々あります。

​そんな時は、ルアーローテーションや場所移動も良いですが、

 

試しに「アカメをイカだと思い、ルアーを餌木だと仮定して」

ロッドワークでビシバシとルアーを数回動かして、ピシッっと停止させてみて

 

ください。

フォール中に

(実際は短い距離のボトムドリフトになっている?かも?)

「コンッ!」

「カンッ!」

と、金属的な硬い当たりが来るかもしれませんよ。

アカメは臆病な魚ですが、好奇心は旺盛ですから。

*ちなみに浦戸湾下流域(湾口付近)では、その釣り方で本物のイカが

 釣れる時もありますのでご了承ください。(^^)

*ポイントや状況によっては、「ラインが水を切る音」が仇となり、

​ スレさせる可能性もあります。ケースバイケースで判断してください。

 

当コンテンツ(アカメ見聞録)にある文章、画像等の無断転載、引用は​御遠慮ください。